度数について

TOPへ
本格焼酎のアルコール分(容量%)は、酒税法(しゅぜいほう)によって上限45度と定められており、アルコール分の容量については種々な製品が市販されている。蒸留したばかりの原酒はだいたい42〜43度程度で、これに水を加えてアルコール分を調節するのである。当然この水の良し悪しも製品の味に大きく影響を与えるのである。
次pageへ
前pageへ
SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO